カワウソもなか:愛媛県愛南町

 

愛南の宝ニホンカワウソ

ニホンカワウソは日本中にいて天然記念物に指定されていましたが、数が減り続け、特別天然記念物、絶滅危惧種と指定が変わりました。しばらくは愛媛県宇和海側と高知県に割りと残っていて、愛南町御荘(みしょう)地区ではよくカワウソが見られたそうです。愛媛県の県獣にもなっていますが、密漁される事もあったらしく、ついにその姿を見ることはなくなってしまいました。

愛南町では町のキャラクターになっていて、方言で語尾に「なーし」を付けることから「なーしくん」と命名されました。また、御荘地区にはあいなんかわうそ村という海の駅があります。海からも行ける道の駅ということで海の駅です。入り組んだリアス式海岸を持つ愛南町は釣りやダイビングなどのマリンレジャーが楽しめる風光明媚な所です。

カワウソは絶滅してしまったようですが、ここには日本で唯一現存する紫電改の展示館があります。ゼロ戦に代わって開発された最新鋭の海軍の戦闘機で、紫電の改造型ということで紫電改です。久良湾に沈んでいたのを昭和53年に地元のダイバーが見つけ、引き上げられました。一部屋のみの展示館ですが、引き上げの様子や部品が展示され、上から機体を見られる足場があります。プロペラは墜落時の水圧で曲がってしまったのでしょうか。機体の前には鎮魂か平和の祈りか、折り鶴がたくさん添えられています。入場無料でTシャツやキャップなどのオリジナル商品やレトルトの各種海軍カレーなども揃っています。

2022年10月最中旅
画像2:リアス式海岸に点在する小島
画像3:紫電改展示館

カテゴリー: ,

説明

最中と菓子舗

リアル系カワウソの形の皮種と包み紙です。程よい甘さの、少し固めの小豆餡が入っています。5個入りパックと8個の箱入りもあります。道の駅みしょうMICなどでも販売しているようです。1個170円

梶原製菓
愛媛県南宇和郡愛南町城辺甲2671番地 0895-72-0372 日曜午後休
愛南町役場から南へ250mほど。町の和菓子屋さんの雰囲気の店です。藻塩大福が評判で、和製グレープフルーツと言われる愛南ゴールドを使ったなーしくん最中もあります。メディアで紹介されることもあり電話での通販に対応しています。駐車場は店の向いにあります。