崋山最中:愛知県田原市

 

飢饉に備えた田原藩家老

1833年から4年間、全国的に大雨による洪水や冷害が続き、農作物が大打撃を受けました。天保の大飢饉です。各地で多数の餓死者がでて一揆などが起こりましたが、田原藩では一人の餓死者もでませんでした。それは田原藩家老の渡辺崋山が飢饉に備えて米を保管した「報民倉」のおかげだったのです。

これによって幕府より表彰されていますが、渡辺崋山は敏腕家老の他にもいろいろな顔がありました。蘭学者たちの指導者的立場だったり、海防について詳しいながら密かに開国を願っていたとか。また文人画家として谷文晁に師事し、自らの弟子には椿椿山らがいます。

田原市中心街の大通りから少し脇へ入ると、田原城跡が見えてきます。巴形の湾に面していたことから別名「巴江城」。天守は無く、本丸と三の丸には神社が建っています。桜門と二の丸櫓が再建されており、二の丸には崋山の作品などが見られる田原市博物館があります。城の隣には、崋山神社、崋山会館が並び、さらにその先には崋山の幽居跡と銅像がある池ノ原公園があり、どこも静かな雰囲気で散策できます。渥美半島をカバーする田原市には伊良湖岬や花畑などの観光名所があります。

 

商品カテゴリー: ,

説明

最中と菓子舗

米俵に「崋山」の文字が記された皮種です。薄緑色に色付けされた滑らかな白餡に、少し混ざった小豆の粒餡が互いの風味を引き立てあっています。1個120円+税
自分で餡を詰めるタイプの崋山最中「報民倉」もあります。

2019年4月最中旅

冨貴屋
愛知県田原市田原町築出57-13 0531-22-0248 月曜定休
中心街の大通り沿いにありますが、駐車スペースあります。干支の形の陶器に入ったフルーツババロアや菜の花ロールなど季節限定の洋菓子も販売していて、店内で食べることもできます。