亀寶:静岡県焼津市

 

新嘗祭に献上される鰹節

正倉院の古文書には、鰹を煮て干した煮堅魚を税として納めていたと記されており、鰹の加工品は奈良時代から駿河の国の特産物だったようです。今では皇居での新嘗祭に焼津の鰹節が神饌として献上されています。

最中の形にもなっているのは三枚におろした形のもので、亀の甲羅を連想させることから亀節(かめぶし)と呼ばれています。サイズが大きいものはさらに半分に切り分けて本節と呼び、その背側を雄節、腹側を雌節と呼びます。どれが上等なのかと思ってしまいますが、この呼び方は品質には関係ないのだそうです。

焼津市は漁業の町で、目玉施設である焼津さかなセンターは東名高速焼津インターの近くにあり、観光バスや自家用車でやって来るお客で賑わっています。その近くには船元直営の店もあり、屋根のマグロの模型は東名高速からも見えます。3番目の画像は東名高速の日本坂パーキングエリア上り側のカツオのオブジェです。魚以外では、焼津が好きだったという小泉八雲記念館やサッポロビールのビオトープ園もあります。

商品カテゴリー: ,

説明

最中と菓子舗

「きほう」と読みます。亀節と呼ばれる形の鰹節を模った皮種に、餡は程よい甘さの小豆餡で、上品な味わいの最中です。焼津のお使い物の定番です。1個150円

2020年3月最中旅

白憙久
静岡県焼津市本町5-1-3 054-628-2213 水曜定休
焼津市役所アトレ庁舎と焼津5丁目信号の間です。大きくはないですがきれいな店内には菓子博での受賞盾がいくつも飾ってあります。波志ぶきというチーズブッセも人気のようです。駐車場はないようで、店前の歩道に片輪をかけて駐車しているお客さんもいました。