きんめ鯛もなか:静岡県下田市

 

キンメダイ日本一

鯛という名がついていますが、水深200から800メートルに住む深海魚で、大きな金色の目は深海で光を集めるために進化したようです。1年中おいしいキンメですが、一番脂が乗る冬が旬です。下田の観光ガイドによると、品質の統一や輸送手段の確保に努めた下田が日本一の漁獲量を誇るようになったということです。

キンメダイの船が下田港に帰ってくるのは朝7時半ころ。この時間になると魚市場は鮮やかなキンメの赤一色に染まります。旬は冬ですが6月も脂が乗っているそうで、6月に下田きんめ祭りが開催されていたのですが、平成30年で終了してしまいました。市内では金目鯛を筆頭に下田港で揚がる新鮮な海の幸が食べられます。金目鯛の干物やかまぼこ、金目鯛めしの素など、お土産も豊富です。

6月には開国記念碑のある下田公園であじさい祭りが開催されます。また、下田湾の須崎半島側にはハリスの小径という石畳の遊歩道が海岸沿いに続いており、そこからの夕陽に染まる下田湾が美しいと評判です。下田湾を巡る遊覧船「黒船サスケハナ」が周航しており、湾を一望できる寝姿山にはロープウェイが通じています。伊豆急行を利用するなら、行きは黒船電車で帰りはキンメ電車なんてのもいいですね。
 

商品カテゴリー: ,

説明

最中と菓子舗

キンメダイの形をした最中は2種類あります。こがし種が粒餡で、桜色がこし餡です。両方とも刻んだ栗が入っていて、程よい甘さの小豆とちょうどいいバランスです。パッケージにはイラストと赤白金のキンメカラーが散りばめられています。1個180円+税

2019年8月最中旅

平井製菓
静岡県下田市2丁目11-7 0558-22-1345 火曜定休
ハリスさんの牛乳あんパンで有名な店で、他にも和風ロールや季節のあんパン、下田文庫の最中もあります。きんめ鯛もなかは下田の東急ストアでも販売しています。道の駅などでも取り扱っているかもしれません。