みかん最中:静岡県浜松市

 

三ヶ日みかんは機能性食品

三ヶ日町(みっかびちょう)は浜名湖北西部分の猪鼻湖を取り囲む地域で、今は浜松市の一部になりました。三ヶ日みかんというのは品種ではなく、三ヶ日で生産されるみかんのブランドで、機能性食品としての表示が認可されています。骨にいいとされるβ-クリプトキサンチンと、2020年には血圧を下げる機能があるGABAも追加されました。三ヶ日町農協では、特殊な方法で栽培した濃密青島みかんやβ-クリプトキサンチンが入ったみかんジュースも販売しているようです。

三ヶ日ミカンの歴史は江戸中期に紀州から紀州ミカンの苗木を1本持ち帰ったところから始まります。甘くておいしいみかんでしたが、その後種の無い温州みかんに取って代わられました。不況や養蚕への転換で一時ミカン栽培は廃れますが、専任の技術員が画期的な栽培技術を広め、今日の三ヶ日みかんへと繋がったのでした。

2月には天竜浜名湖鉄道の奥浜名湖駅の裏手にある乎那の峯に三ヶ日桜やマンサクが咲き、5月にはみかん畑はみかんの花の強い芳香に包まれ、10月にはみかんの実が緑の畑に映えます。町が見渡せるいい場所があるというので実りの季節に再調査に出かける予定です。

2021年2月最中旅
画像2:乎那の峯のマンサク

カテゴリー: ,

説明

最中と菓子舗

葉っぱが付いたみかんがデザインされた皮種に、三ヶ日産の青島みかんを使った餡が入っています。白餡がベースですが、刻み皮が香るみかん色の餡です。販売を停止していた時期がありましたが、古くからのファンの要望もあり、復活したそうです。1個140円

パティシエみつわ
静岡県浜松市北区三ケ日町都筑1873 053-526-7031 火曜定休
三ヶ日インターから車で西へ5分ほど。都筑駅からは徒歩3分。みかんケーキなど洋菓子が多いですが、福々饅頭が売りの庶民的な店です。駐車場から出る際は、見通しがよくないので気を付けて。