とっくり陶祖最中:岐阜県土岐市

 

陶器産業の礎を築いた陶祖

黄瀬戸や志野、織部など美濃地方で焼かれる様々な種類の陶器を総称して美濃焼と呼びます。土岐市下石町(おろしちょう)では徳利が有名です。製陶工場から小規模な窯元まで多くの生産者がこの地区に集まっています。

妻木川沿いのとき窯元街道のローソン向いに、徳利を擬人化した陶器の「とっくりとっくん」がたくさん集まっています。その丁字路を入ってすぐ左に曲がると下石町裏山地区に入ります。ここはとっくん小径と呼ばれていて、道端のそこここに様々なポーズのとっくんがいます。だいたい酔っぱらっています。

窯元が集中している場所で、小径が複雑に入り組んでいますが、陶製の案内板が数か所ありますので迷うことはありません。しかも、ミニチュアの製品が貼り付けてあって各窯元の作風もわかるようになっています。また、下石町の陶器産業の礎を築いた陶祖加藤庄三郎氏家の墓がある陶祖公園や、古い窯の煙突も見ることができます。道が狭いので歩いて散策するのがいいです。少し離れますが、街中の下石陶磁器工業協組に駐車できます。

説明

最中と菓子舗

らっきょう徳利の形の皮種には陶祖の文字が刻まれていて、丸くふくらんだ胴には程よい甘さの餡がたっぷりと入っています。岐阜県菓匠会の最高名誉賞を授与されたことがあり、土岐市観光協会の推奨銘菓にもなっています。1個150円

2020年12月最中旅

虎渓
岐阜県土岐市土岐津町土岐口2091-2 0572-55-3047 水曜定休
市役所のほぼ向いで、駐車場は市役所側にあります。大きな天井ライトが土岐氏の桔梗の家紋になっていて目を惹きます。第2第4金曜日は最中の日で、ばら売り一人10個まで120円で購入できます。どら焼きや大福、ちゃわんサブレーも。